沖縄県東村産
『仲村さんちのパイン』

「きれいでおいしいパインを作りたいから、真面目に、正直に」沖縄の夏の人気フルーツのひとつ、パイン。沖縄本島・東村(ひがしそん)は、赤土の山間にパイン畑が広がる「パインのふるさと」。パイン栽培に適する酸性土壌で、自然豊から中山間地域の傾斜は風通しが良く、水はけも良いことから、パイン生産量日本一を誇ります。真面目に、正直に、愛情をこめて育てている仲村さんのパイン。農薬をほとんど使っていないので、お子さまから、おじぃちゃんおばぁちゃんまで、誰もが食べやすく、甘くておいしい仲村さんのパインをどうぞ!

仲村さんのパイン

  • ・1玉1.5kg〜1.8kg✕2玉

沖縄県内(送料込)3,218円[税込]

沖縄県外・離島(送料込)4,298円[税込]

写真はイメージです。

パインの村日本一

甘みと酸味が絶秒な果汁たっぷり!

沖縄県東村産
仲村さんちのパイン

『仲村さんちのパイン』とは?

沖縄県東村生まれ東村育ちの仲村一弘さんは、お父様のお手伝いからはじまったパイン栽培を続けて 30 年以上の大べテラン。仲村さんちのパインを買い求めるお客様もいらっしゃる評判のパインです。

平均約 1,200g のハワイ種は、1985年に品種登録された沖縄の在来種的なパインです。琉球政府経済局が1958〜59年にハワイからパインアップル種苗を導入したことがルーツで、いわゆる昔ながらの「島パイン」と言えるでしょう。パインらしい酸味と甘みのバランスが良く、ジューシーな味わいが人気です。

「歯ごたえが残るくらいの大きさにパインをカットして、お鍋でじっくり弱火で煮詰めるだけでパインのジャムができます。これがとってもおいしいんですよ」と仲村さん。やめられないほど、おいしいそうです。ぜひお試しください!

丁寧に2年かけて育てる

「パインは2年かけて1本に1果実が成長するように育てます。ただ最近は気候がおかしくて1年で収穫できることもあります。8月から10月にかけて植付けを行います。作業はどれも大変だけど、鍬(クワ)で1つ1つ植付けする作業が一番たいへんかなぁ。追肥は3月、6月、9月の年3回。ハブとも闘うし、ときにはイノシシとも闘いますよ(笑)」

「きれいなパイン」を真面目に正直に

「農薬はほとんど使ってないので、手で草取りをしています。もう草取りばっかりですよ(笑)パインの葉は尖っているでしょう。だから草取りをしていると、ときどき葉が目に刺さることもあって、何度も病院へ行っていますよ。おいしく、きれいなパインを作りたいから、真面目に、正直に、愛情をこめて。それがこだわりですね。」

商品説明

「きれいでおいしいパインを作りたいから、真面目に、正直に」
沖縄の夏の人気フルーツのひとつ、パイン。沖縄本島・東村(ひがしそん)は、赤土の山間にパイン畑が広がる「パインのふるさと」。パイン栽培に適する酸性土壌で、自然豊から中山間地域の傾斜は風通しが良く、水はけも良いことから、パイン生産量日本一を誇ります。真面目に、正直に、愛情をこめて育てている仲村さんのパイン。農薬をほとんど使っていないので、お子さまから、おじぃちゃんおばぁちゃんまで、誰もが食べやすく、甘くておいしい仲村さんのパインをどうぞ!

商品規格

〇名称: 仲村さんちのパイン
〇内容量: 1玉1.5kg〜1.8kg✕2玉
〇原材料: パイン
〇配送形態: 常温
〇保存方法: 常温
〇賞味期限: 各商品のラベルにてご確認下さい
〇熨斗: 不可
〇名入れ: 不可
〇包装: 不可
〇荷姿: ダンボール
〇備考: 生産地[沖縄県東村]
〇製造者: 仲村一弘

仲村さんのパイン

  • ・1玉1.5kg〜1.8kg✕2玉

沖縄県内(送料込)3,218円[税込]

沖縄県外・離島(送料込)4,298円[税込]

写真はイメージです。